30代から始めるタイヤ
*
ホーム > 注目 > 規模に関わらず医療機関にとって看護師は欠かせない大

規模に関わらず医療機関にとって看護師は欠かせない大

規模に関わらず、医療機関にとって、看護師は欠かせない大切な人的資源です。


ですが、看護師の処遇は特に良いとはいえません。看護師は夜間の勤務があったり、休日が多くないという過酷な労働環境が多いにもかかわらず、支払われる給料の金額は、世間で言われるほど高くないでしょう。

看護婦の離職率が、他の職業よりも高いのも、言わずもがなのことなのかもしれません。


看護師転職情報のホームページにある看護のお仕事は、医療機関の求人件数も豊富ですが、それだけではなく一般には公開されていない求人の情報がいっぱいあり、登録することで想定外の好条件の転職先を紹介していただくことができるかもしれません。
担当コンサルタントによる丁寧な対応ぶりも長所としてあげられているそうで、できる限り細かな要求にも応じてくれているようです。看護師と介護士の業務で、一番違うことは、やはり、看護師は医師の指示に従って医療行為を行えます。

注射や点滴、投薬などの医療行為は、看護師だけが可能なのです。

苦労が多く、精神的にも辛い仕事ですが、胸を張ってずっと働きたいと思っているナースも少なくないのは、しっかりとした責任感や使命感があるためだと言えるかもしれません。


つい先日、転職をしました。


けっこう楽そうな病院でしたのに、なぜ?「仕事が暇だった。より一層バリバリ仕事をしたい」といったことでした。
世間には、働きたくないと願う人が多い中で、こんな風に考える人もいるのですね。
看護師の資格を取るには、何通りかのパターンがあるのです。看護師免許を取得するには、国家試験を受ける必要がありますが、突然、試験を受けることは認められていません。

受験資格を手にするために看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうち、どれかの学校で、看護に関して学ぶことが必要なのです。全国のナースの年収は平均して437万円ほどです。
しかし、国立、私立、県立などの公立病院に勤めている看護師は、公務員とされているため、年収は平均して593万円ほどになります。公務員として勤めている看護師は給与の上がる率も民間病院に比べて高く、福利厚生もしっかりしています。



准看護師として働いている場合は、看護師と比べて平均年収が70万円ほど低いです。実際、看護師が転職する理由は、人間関係という人が大変多いです。女の人が多くいる仕事ですし、イライラが多くなりがちであり、人と人との関係に頭を悩ませる人が多くいるのでしょう。

その時、パワハラやイジメが転職しようと考える理由という人も存在します。大変な環境を耐えて働いてしまうと、健康を害してしまいますので、すぐに転職した方が良いでしょう。
世間一般では、看護師の仕事は激務だと考えられています。

これは最近の病院における雇用体制の問題が原因で、長期にわたる人手不足により就業時間が長引いてしまう動向がみられるためです。

長時間の労働環境に加えて、月に何回か組み込まれる夜勤があるため、常に、疲れと心労を抱えている看護師が大部分でしょう。現実的な看護師の業務内容は患者の治療に関することに限らず、身辺のお世話まで、やっています。



そのため、医療機関の中で看護師のように慌ただしい職員はいないだろうと感じます。なので、これら看護師さんの仕事の中味に合った待遇になってほしいと思います。


医療に関することで、看護士が許されている行為は、少し前までは、範囲が明確に定められていました。

ですが、ドクターの数が足りないという理由もあり、直ちに対応が可能なように必要とする人に、気管の点滴を注入するといった一部の医療に関係する行為が許可される予定です。



許可されることになったことは、定められた研修の期間を経て、確実に成功するようになってから看護師の判断で可能なのが特徴です。
ミュゼ100円キャンペーンいつまで?

関連記事

不足しがちな葉酸を
葉酸サプリメントはどのくらいの葉酸が入っているのかをよく見たほうがよいでしょう。...
今さら男らしい体を目指して・・・
20代の頃、学生の頃からやっていたバレーボールを週1回行っていたので、そんなに肉...
塾選びのポイント:テスト対策だけでは不十分
塾選びのひとつのポイントに学校のテスト対策への取り組みが挙げられますが、「テスト...
規模に関わらず医療機関にとって看護師は欠かせない大
規模に関わらず、医療機関にとって、看護師は欠かせない大切な人的資源です。ですが、...
ご存知のようにギャル漫画家でありながら実
ご存知のように、ギャル漫画家でありながら実業家でもある浜田ブリトニーさんは、酵素...
安く実現できる結婚式フラッシュモブ
安く実現できる結婚式フラッシュモブが ある事を知りました。   ここに...